沢を辿って大きな幹を目指す
微かについた香りを頼りに
麦藁帽子乾いた西瓜の芯
わたしを入れて運んだ木の虫籠
壊れた夏
置き忘れたあなたの七つ道具
捨てずにとってる
わたしを褒めてほしいよ
I'm in truly lovin' you
そっとわたしを誘う
甘美な蜜のその味を
忘れてしまっても
Why can't you say to me HELLO
狂おしいままに浮遊していく夢事
砂糖の香り

散々だった最終章の台詞
タイムマシンがあったらいいのに
濡れた髪を拭いてくれた
あなたの指の記憶なくせるものなら
誰か奪ってほしいよ
I'm in truly lovin' you
まだただの遊びと始末出来ない
思い出を食べ残してしまう
Why can't you say to me HELLO
立ち入り禁止のゲートを越える泡沫
あなたの雫
街路樹を抜けた先森へと帰る途中で
冷たい眩暈に襲われ倒れた
わたしの黒い羽根は
粉雪に埋もれてく
このまま氷になったら怒る
I'm in truly lovin' you
そっとわたしを誘う
甘美な蜜のその味を
忘れてしまっても
Why can't you say to me HELLO
狂おしいままに浮遊していく夢事
砂糖の香り砂糖の香り
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Satoumizu Lyrics

Tsukiko Amano – Satoumizu Lyrics