軒先の小屋に住まう
ピーコックは博士が好き
嗜みを整えては
夢見がちに chirping song
あの人にアクセスする
パスワードが分からないの
古ぼけた機械の前首傾げた
真っ赤なビーカー
放置されてる液体とマドラー
曇った湯気に揺れてる沸騰点の恋心
どうか見捨てないでよ
もっと近くに伸ばしてよ
「愛するヒト」にはなれないけど
君にずっと触れていたいよ
その口にキスしたいよ
尖る嘴地面突きダダを捏ねてる

軒先の小屋に住まう
ピーコックは博士が好き
虹色の羽を広げ今日もハミング
黄色くなった
白衣微かに白髪混じりの髪
時折吐く溜息は
どんな人に届けたいの?
その眉間の皺に微風を運びたいよ
「愛するヒト」にはなれないから
君の名を呼んでみたいよ
最後まで見ていたいよ
虹の翼は待ちくたびれ
まだらに透ける
ひとりの夜を雨の午後を
そっと暖める暖炉のように
静かに立って見守るから
閉じた扉を開けて欲しい
どうか見捨てないでよ
もっと近くに伸ばしてよ
「愛するヒト」にはなれないけど
君にずっと触れていたいよ
その口にキスしたいよ
尖る嘴地面突きダダを捏ねてる
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Hakase To Kujaku Lyrics

Tsukiko Amano – Hakase To Kujaku Lyrics