もう逢えない... そんな言葉
押し込むように閉ざした僕らの恋よ
いつからだろう? 諦めてた
悪あがいても元には戻れないと
涙する場面を怖がりすぎて
僕らは自然に笑えなくなった
試されるような苦しさを
感じてしまうから
そこに果てしなくどこまでも
終わりのない夜があって
答えにただ迷いながら
重なることない鼓動だけが
時を刻み震えていた
叩き付けるピリオドの前で

情けないね... どうかしてた
浅はかすぎた心がいまさら憎い
当たり前に残ったのは
ごまかすほどに消せない痛みや傷
涙する場面を通り過ぎても
君への想いにすがりついていた
限界だよとなげうって
覚悟を決めたのに
君を失ったやるせなさ
想像すらできなかった
こんな僕を蔑むかな?
容易いことだと強がっても
僕は君を断ち切れない
あの日打ったピリオドのように

きっと果てしなくいつまでも
訪れない朝があって
答えはもう決まっていた
望むはずもない結末でも
いつの日にか受け入れよう
そう僕らはピリオドを打った
ひと思いにピリオドを打った
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Period Lyrics

Tokio – Period Lyrics