決して 振り向かずに
自分の道を歩いてたね
誰のものにも ならない瞳に
心を震わせた
きっと 帰る場所も
行き先も違う 二人だけど
一秒きりの 出会いの時間を
預けてくれないか
ジュリア
それは あまりに突然すぎる
夏のバラのように
ジュリア
捕らえきれない 苛立ちよりも
おまえが 愛しいから
いつか俺の手に

ひとり 空見上げて
溜息ばかりついてたのに
みんなの前じゃ いつもの笑顔で
心を隠してた
ジュリア
機械仕掛けの 毎日なんか
軽く捨ててしまおう
ジュリア
偽りのない おまえの愛で
すべてが 変わるのなら
いつか俺の手に

こんなに誰かを 愛しいと
感じられるのは これが最後だろう
ジュリア
機械仕掛けの 毎日なんか
軽く捨ててしまおう
ジュリア
偽りのない おまえの愛で
すべてが 変わるのなら
いつか俺の手に
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Julia Lyrics

Tokio – Julia Lyrics