一度も振り向かずに
君が今 小さくなる
急ぎ足 人波の中 悲しみを背負って
笑いじゃくった あの頃の街
カセドラルの鍾に 夢を重ねた二人
22才の冬が終わる前に
輝こうと
仲間を呼んで小さなパーティーを
開くために
今は違う道を
選んで歩くけど...
“一緒にいたかった…”と
濡れた目を閉ざした君
夕闇の舞い降りる街
思い出を響かせ
つまずきそうな 後ろ姿が
こんなに切ないのは
今もまだ好きだから
22才の君の方がきっと
大人だった
励ますように 笑顔を絶やさずに
どんな時も
だから最後だけは
見守っていたくて…

22才の冬が終わる前に
輝こうと
仲間を呼んで小さなパーティーを
開くために
今は違う道を
選んで歩くけど...
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

22sai (22 Years Old) Lyrics

Tokio – 22sai (22 Years Old) Lyrics