君だけは忘れない
たとえ遠く離れていても
叫ぶ声 いつかまたきっと会える

遠いね 昔なら二人歩けた道なのに
いつしか変わった街並みから
優しく問いかける風吹いてる
そういつまでも君のこと忘れない
ガラスのようなもろい時も
今はまだ 胸の奥で 消えないで

寂しいね
アルバムの中の笑顔は優しくて
ずっと永遠だと思ってたのに
追いかけることが
なぜできないんだろう
そういつまでも君のこと忘れない
巡る時に流されても
交わす愛 震えていても歩き出せる
今は全部壊してしまった
終わらない旅の中で
ほんの少しの喜びを抱いて
今日も生きていく
今もよろこぶ顔焼きついている
なのに君の体 かすれていく
あのフレーム あのフレーズ
君傷つけ選んだ 別のレール
なんで気持ち変わるんだろう
欲深き人の 奈落の底なの
ごめんね ありがとう
愛しき日々と君よ
どうなろうとも
君だけは忘れない
たとえ遠く離れてても
叫ぶ声 いつかまたきっと会える
いつか形あるもの
無くなってしまうのも
知ってるけれど
それでも世界は回り続けていくから
君のこと忘れない
巡る時に流されても
交わす愛 震えていても歩き出せる
そういつまでも君だけは忘れない
この世界が枯れ果てても
今ここに立ってること悔やんでない
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Diverge Lyrics

Mihimaru GT – Diverge Lyrics