古い左手の腕時計が
午後9時になろうとしてた
渋谷あたりはいつものように
人の煩悩であふれて
交差点の信号の色が
青に染まりだしていた
人はみな足早に過ぎるのに
どうやら踏みだせない
一度は閉ざして
鍵かけた うなる衝動が
向かい風にのって
懐かしいにおい
思い出させている
今夜だけは君との幸せ
続けばいいのにと願う
指の間からすり抜けないように
壊れないように
深くもぐり 心からめて
君はかなしげににらみ
もうすぐ夜の扉がしまる

古い左手の腕時計は
過去の自分に飽きだして
またたく間に素敵な音楽を
流すラジオになって
右足のつま先
これからの行方確かめてる
追い風にとびのり
ゾクゾクすること
そっとつかまえたい
まだ知らない出会いを感じて
走り続けたいと願う
指の間からすり抜けないように
消えないように
深くもぐり 心うるおい
君は背をむけて笑い
わたしはでも扉をあける?
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Doors Lyrics

Bird – Doors Lyrics