暗い闇の中 ひとつ浮かぶ風船
風に舞い上がる 欲望は自由
たどり着けなくて
割れて海に落ちたら
やがてその夢は 眠る貝になる
そっと吹きかけた その空気達
隠し通せない 想いに染められ
高く飛び立って 争っている
誰がいちばんに 届くか
波に浮かぶ かけらになっても
戻ることの できない場所でも
空へ空へ 近づこうとする
そしていつかあなたに帰るでしょう
雲にまぎれては 消える白い風船
だけど夜ならば それも月になる
休むことさえも ない毎日は
道をとることも ままならないけど
いつかいつの日か 楽しめるなら
こんな日常を 見下ろす
海の底の 魚に食べられ
雨に打たれ くだけ散るときも
離すその手 覚えているから
きっといつかあなたに帰るでしょう

またひとつ 空に飛ぶ
新しい 風船が
毎日の たいくつと
やすらぎを ひきかえ
波に浮かぶ かけらになっても
戻ることの できない場所でも
空へ空へ 近づこうとする
そしていつか あなたに帰るの
海の底の 魚に食べられ
雨に打たれ くだけ散るときも
離すその手 覚えているから
きっといつかあなたに帰るでしょう
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Balloon Lyrics

The Smart – Balloon Lyrics