手のひらで包み込む
頬にくちびるを寄せて
冷たい雨に濡れている 静けさの中
恋に震えるたびに
初めての気がするから
黙り込むのはただ
声を聞いていたくて
背中に小指がキレイにはまるだけで
胸の涙が一つずつ消えるようで
手のひらの中いつも
この安らぎを下さい
これが最後の慰めだと信じていいの

木漏れ日の寒さにも
慣れた冬の終わりには
微笑むだけの頼りない恋でもいいわ
想いを分け合うことなどいらないの
今は貴方の温もりだけでいい
それだけが全てよ

手のひらで包み込む
頬にくちびるを寄せて
冷たい雨に濡れている
恋をしている
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Love Lyrics

See-Saw – Love Lyrics