哀しい歌をふいに思い出した
夏の毛布にもぐり込んだ夜なのに
冷たい雨に足を速めても
失くしたものに届かないと
泣いていた君の歌
家に帰る道では指を離せずに
遠い電車の音
優しい海鳴りに変えた
二人で
子供の頃に読んだindioの南へ
船の出る時間を二人でほら、
書いたノート
乾いた風に翳り無い太陽
幻の大地を私だけが彷徨ってる
今も
君のくれたもの忘れたくなくて
遠い海嗚りに耳を澄ます
一人で
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Indio Lyrics

See-Saw – Indio Lyrics