りんごはまだ 青いまま
落ちてしまった
ナイフのように突き刺したサヨナラ
神様の言う通り 進めなかった
世界の果て 取り残されたみたいだ
いつか ひとりになることを
ふたりはどうして 選んだんだろう
じゃあね またね
約束の糸が絡まって
僕らには もう二度とほどけない
あの日 見た
永遠はとうに消え去って
悲しいほど あざやかな碧空

罪と罰 術もなく 傷つけ合った
期限切れの幸せの中で
はじめての 後悔と痛みを知って
純粋すぎた季節は 今 終わった
いつか ひとりでいるより
ふたりでいるほうが
孤独になってたね
じゃあね またね 追憶の光が迫って
不揃いな影は まだ動けない
抱きしめた感触は
とうに消え去って
こぼれてゆく ひとつぶの
さみしさ

じゃあね またね
約束の糸を断ち切って
自由になる もう二度と結べない
最後くらい 笑ってと
僕ら 手を振って
悲しいほど あざやかな碧空
サヨナラ
サヨナラ
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Hatsukoi Lyrics

Motohiro Hata – Hatsukoi Lyrics