夏だっていうのに ひとりの海
胸に響く波音
無理に忙しくしてみたって
I miss you 深く焼きついた気持ち
相変わらず代わり映えの無い部屋
あなた居れば くれたはずアイデア
窮屈な6畳間「汚いなあ...」
なんて言って 片付けてくれたなぁ
二人歩いてたはずの海岸線
あなたの名前 時間という砂で
埋めたはずなのになんで?
波の悪戯 垣間見る Summer Day
Hey, how's it going
届けラブソング
それは潮風吹く夏のほとり
消えそうな言葉が今もそのまま
ここにこのまま
確かここに座って眺めた夕焼け
今は独り言うだけ
「ねぇ、この思いはどこへ?」
もう一度あなたのもとへ…
今ならもっと 強がらないで
素直になれるかな
暑い季節が 来る度にまた
あなたにただ逢いたくて
守れない約束だけ残して
I miss you 深く焼きついた気持ち

飛び出して出て行った
あなたの背中を
見つめるだけのピリオド
もう二度と 戻る事はなかった
蘇る記憶 走馬灯の様に
あの海映して
土曜は必ず家に来て
夜の散歩道 真っ暗な海に
連れ出して キスした 12時
「来年も再来年も次の年も
出掛けよう」every season
そう言って思い出
いっぱい詰まった
君のfavorite season
思い出して 懐かしくて
本当は忘れてはなくて
例え夢でもいいから
もう少し見させてくれるかな
「今から帰るから。」の留守電の
声も消せないまま
幸せだった あの想い出も
波に消したハズなのに
またここに戻ってきてしまう
I love you もうあなたに届かない
数え切れないほどキスをして
不安になるほど愛した
一つになれたら楽なのに サヨナラ
愛しくて 愛しくて
隣にまだいるようで
こんなに苦しくて痛いのは
全てがあなただったから
暑い季節が 来る度にまた
あなたにただ逢いたくて
守れない約束だけ残して
I miss you 深く焼きついた気持ち
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Naki Natsu Lyrics

Mihimaru GT – Naki Natsu Lyrics