真夏に灯した いくつもの約束
遠い瞳の僕等が揺らいでいる
寝ても覚めても
気まぐれなココロは
まだ過去形のまま どしゃぶりで
明日は晴れるよ 飾ることのない
赤裸々な思いを 問えばきっと
心細くとも 神様の与えた
うんざりする日常 蹴飛ばして
無理やりに ねじ伏せた
時間が二度と戻らぬこと知った時
逃げ場所は もう どこにもない
切実な眼差しとか
ぎこちないやさしさが募るほど
強くなれた気がした
大切なあの日々を
そっと 抱きしめていたい
こんなにもねぇ 生まれた意味を
歌い続けられたのは
君と出逢えたから
過去のために流す涙は
今夜きりにしてしまおう
そして そのドア開けて
僕等は旅立つ 明日が最後の記念日

誰もが皆 儚なげで
悲しみ背負う 夢追人だから
夢中ではしゃいでた
過ぎ去りし喜びを
ずっと忘れないでいて
こんなにもねぇ 生まれた意味を
歌い続けられたのは
君と出逢えたから
過去のために流す涙は
今夜きりにしてしまおう
そして そのドア開けて
かけがえのない 愛すべき人よ
いつか巡り合う その日まで
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Anniversary Lyrics

Hiro-x – Anniversary Lyrics