君と眺めてた星を集めた窓に
映してた
また 指折り数えた
瞬間(とき)を重ねた夜に
問いかけた
時を止めた
すきだよと言えば はぐらかした
気がつかないフリは もうやめて
隣にいるとき
私の軌道はいつも
周極星
トレモロみたいに
波打つ思考の角度
つかめない
君を追えば
なにかを失ってしまいそうな
想い浮かべ 船を出す
抱きしめて 出会わなければ個々
受け止めて デネボラを
飛び越え行くわ
ワガママな歳差
星(キミ)のようだね
追いかけて うかぶパノラマ
五線の上で 流れ星
いま歌うから 照らしてよね スピカ

笑っていたいよ ひとりはイヤだよ
答えが聞きたい 怖くて聞けない
夜をいくつも過ごして
未来へ繋ぐの
またたく星をよけ 探してた
神話は 誰の味方なの?
ため息で 落ち込んでいた午後
想うだけ 君の名を
ひとりつぶやくわ
あさはかな愛じゃ 届かないよね
会いたくて ピアノ奏でた音
苦しくて 溢れ出す
余韻嫋々(よいんじょうじょう)
君に届け
抱きしめて 出会わなければ個々
受け止めて デネボラを
飛び越え行くわ
ワガママな歳差
星(キミ)のようだね
追いかけて うかぶパノラマ
五線の上で 流れ星
いま歌うから 照らしてよね スピカ
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

SPiCa Lyrics

Garnidelia – SPiCa Lyrics