Valshe - Shut Out lyrics | LyricsFreak
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Shut Out Lyrics

Valshe – Shut Out Lyrics

見え透いた芝居はやめて
言いなさいよ
わかったんでしょ
誰もあなたの言葉なんて聞いてない
かわいそうに

他人の不幸を悼んで幸せを喜ぶのは
自分の食事を
済ませたあとでしょうね
笑える
どこに行ったとしても
歓迎されないことに
繊細なあなたは堪えられる?
「特別悪いわけじゃない」
みんなで手を合わせ
祈ったことは何だったと思う?
シンプルに説明すると
うんざりだってこと
話し合いなんて一方的な暴力と同じ
本当の自分がどうしたいのかくらい
友人よりは知ってる
入り口に立ってドアを開けない
後ろ向きな勇気も
賞讃を受けるべきだわ

ロウソクに火を灯すも吹き消すも
一瞬だと
少しだって疑わないのはどうして?
勝手ね
ところでさっきからまた
視力の悪いふりをして
蛇行運転が過ぎてない?
ギリギリの状態を味わいたいのなら
キスの代わりに首をしめてあげるわ
正直言って1ミリすら
共感できないの
汚れたこともない手で書いた
希望となんだっけ…
それを否定する気は毛頭ないし
救いにもなってるんでしょう
綺麗な家財の裏の染みに
気付いたあなたこそ
評価をされるべきだわ

ねえ誰だって独善に
浸りたいときがあって
やさしくされていたいでしょう
何が悪いの?何がダメ?
何に責められているの?
もうラクになっていいんじゃない
シンプルに説明すると
うんざりだってこと
話し合いなんて一方的な暴力と同じ
本当の自分がどうしたいのかくらい
友人よりは知ってる
入り口に立ってドアを開けない
後ろ向きな勇気も
賞讃を受けるべきだわ
Share lyrics
×
Songwriters: VALSHE

Shut Out comments