Valshe - Doubt lyrics | LyricsFreak
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Doubt Lyrics

Valshe – Doubt Lyrics

夜更けに始まる狂宴を背に
ニヤリと笑った鏡のLust
優しいフリして近づくまでに
瞳の闇を隠した

獲物に狙いを定めたらLock on
軽薄・誠実 / 裏・表
心の底では舌を舐めずり
チャンスを窺うように
12時の鐘 鳴り響く音
人間(ひと)は欲望の渦に飲まれて
君を迎えに来る王子様
仮面剥がされる前に「doubt!」

小さく囁く偽りの「Love you」
吐息と混じれば一夜のSPICE
時折聞こえるざわめきがまた
二人を煽り立ててる

首筋噛み付き血を吸う様に
永遠・一瞬 / 夢・現(うつつ)
飛ばした記憶に傷跡残し
引きずるように仕立てて
罪深き手に触れる指先
人間(ひと)は慟哭の嵐の中で
君の純粋な愛に触れた時
灰となり消えるだろう

壊すことで自分を保つように生きて
安息さえ諦めてどこかに捨てて
手放す程 求める事が苦痛なら
一思いに刺し殺して欲しいと
思いながら
何も見えない 何も聞こえない
人間(ひと)は目隠し夢に溺れて
どうせ君には届かないなら
僕が酔わせてあげる
12時の鐘 鳴り響く音
人間(ひと)は欲望の渦に飲まれて
君を迎えに来る王子様
仮面剥がされる前に「doubt!」
Share lyrics
×
Songwriters: minato

Doubt comments