冬の雨に戸惑いながら
夏の空にほしを見ながら
ずっとこのまま
揺れるように抱きあって
ほらこの指でいまも繋がってる
哀しい夜を越え
もっとぎゅっと握りたいな
きっと許してる何も言わなくていい
薄紅の希望だね東の地平を見てみて
風が冷たくて震えているんじゃない
疑問もなく答えもなく
静かに愛してるだけだから行こうか
誰もいない街をぬけたら
涙のない風のかなたヘ
一瞬先の微笑みをたどり
冬の雨に戸惑いながら
夏の空にほしを見ながら
ずっとこのまま
揺れるように抱きあって
愛しさのかなたへ
ほら安らぎを風に失くさないで
薄紅の魔法だね
心を染めてく朝焼け
涙隠そうと頬をよせたんじゃない
時間よりも言葉よりも
想いを信じてるだけすぐに行こうか
肩で未来支えあえたら
痛みのない風のかなたへ
儚さじゃなく温もりをたどり
素直な瞳で見つめあったら
明日がそこで輝いたから
使い古した地図はもう要らないね

誰もいない街をぬけたら
涙のない風のかなたヘ
一瞬先の微笑みをたどり
冬の雨に戸惑いながら
夏の空にほしを見ながら
ずっとこのまま
揺れるように抱きあって
愛しさのかなたへ
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Usubeni Lyrics

Sugar – Usubeni Lyrics