Sophia - One Summer Day lyrics | LyricsFreak
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

One Summer Day Lyrics

Sophia – One Summer Day Lyrics

雨上がりの夏は
街の鏡のようなアスファルト儚く
輝くあの夏風に吹かれながら
坂道を下るあなたを私は見送った
抱えきれない笑顔の約束も
数えきれない涙の想い出も
変わってく街にのまれ霞んで行くね
あなたの事も夏の色も忘れるの?
おそれるモノなど何もないよと
握りしめたあなたの手は
とても大きくて何処までも
続く波の向こう側見つめる
優しいあなたの瞳の中には
もう今は私がいないね

変わりゆく時の分かれ道
夕陽に消えるシルエット
笑う声夏の中
抱えきれない夢に笑いあって
何も見えない未来を見ないふりして
いくつも夜を越えて分かっていたね
終わる夏を告げる雨が降り出した
あなたが時折見せる弱さに
私の意味を見つけてた
一人じゃないんだと
それでもあなたがいつか行くのなら
迷わずここから歩いてと
本気で思えたよ遠くなるあの夏が

おそれるモノなど何もないよと
握りしめたあなたの手は
とても大きくて
何処まで行っても孤独はあるよと
歩き出したひとりの道で
振り返った夏を
少しだけ追いかけて立ち止まる
奇麗で優しくて悲しいね
Share lyrics
×
Songwriters: 充 松岡

One Summer Day comments