孤独な足音が響く静かな空白
見慣れたこの景色すらも
何故か切なくて
階段を昇りつめれば懐かしい扉
扉の向こうの世界は
僕を理解るのかな
僕はこの場所に
何を求めてたのだろう
繰り返す想いの中 苦悩を越えて
孤独を越えて
答えを探しに…
憧れたあの情景
叶わぬままに時は去り
切なくて…儚くて…
想いは深くて…
言えなくて…閉じ込めて…
誰よりも弱いのに
悲しくて…寂しくて…
一人は怖くて…
理解ってた でも夢見た
理解りたくなかったから
幾つの夜を一人で震えてたのだろう
僕はこの場所に
何を待っていたのだろう
繰り返す想いの中
苦悩を越えて 孤独を越えて
答えを探しに…
言えなくて…閉じ込めて…
誰よりも弱いのに
悲しくて…寂しくて…
一人は怖くて…
時は今 この僕を悲しみの理由に
送り出す
怖くない「僕」だから 扉を開くよ
大切な「何か」が見えない
悲しい時代だから
今揺るぎない「僕」を胸に
僕が変えるから…
忘れないで…忘れないで…
この詩を残すから
「僕」でいる僕の意味
きっとあるから…
今そっと僕に咲いた 一輪の白い花
この涙に 壊れぬように
僕にくちづけた
離さない…離さない…
「僕」のままの純粋
永遠に…誓うから…
「僕」でいるから…
夢のような優しい風に 体を委ねた
涙も悲しみも孤独も 今は忘れて…
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Lost Graduation Lyrics

Raphael – Lost Graduation Lyrics