裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び
口づけを交わしましょう
誰もいない海へ 私を連れて行って
このまま眠らず
夜明け前に ここを出るの
新しい風を受けて
朝日を浴びたなら きっと
生まれ変わってく
そんな時間を知るでしょう
一緒に行こう ねえ
素顔のままで 笑い合う
そんな時が愛しいから
裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び
口づけを交わしましょう
裸足のままで
駆け出したなら ねえ
夕陽沈むまで
果てしない夢を語ろう
ここから 海に行くなら
1時間半くらいかかる
少し遠いけど
あなたとなら 嬉しいわ
私が右に曲がって
あなたが左に行っても
また同じ道に戻れる
そんな気がする どんな時でも
探し続ける宝物
それがきっと同じで
裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び 果てしない夢を見て
素直なままで
笑い合えたなら ねえ
星空の下で
口づけを交わしましょう
瞳の中 映る景色が 起こる全てが
この夏を思い出す
その時 道しるべに なるよ きっと
裸足の季節 あなたと2人 ねえ
海辺に寝転び 果てしない夢を見て
素直なままで
笑い合えたなら ねえ
星空の下で
口づけを交わしましょう
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Hadashi No Kisetsu Lyrics

Misia – Hadashi No Kisetsu Lyrics