何かひとつだけ覚えたままで
あとは何もかも忘れるとしたら
僕は一体何を残すだろう
そう思い見渡した四角い室は
何もが色褪せていた
朽ち果てていた 苔生していた
何かひとつだけ残せるとして
綺麗さっぱり僕が消えるとしたら
僕は一体何を残すだろう
誰のために何を残せるのだろう
アルクホリングの酔いと煙の痺れ
闇に溶けていく心
何万回の夜だけ
何万回朝が来る
何万回の夜は解けて
何万回の夜だけ
何万回朝を待つ
何万回の夜は何処へ

目を閉じれば聞こえる
時速七万マイルのスピードのリズム
何万回の夜だけ
何万回朝が来る
何万回の夜は解けて
何万回の夜だけ
何万回朝を待つ
何万回の夜は何処へ
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Loop Lyrics

Lunkhead – Loop Lyrics