携帯の 天気予報は
午後から雨 と いってた
降りだした雨 冷たい
会いたい と 言われてすぐに
いいよ と 言えなかったの
声聞いて すぐ わかった
伝えなくちゃいけないこと
あるんだ って
あなたが うつむく
さよなら は 言わないで
言わない約束した
閉じた瞼(まぶた)に落ちる影が
悲しすぎて
愛してる 愛してる と 何度でも
キスをくれた口唇 そっと 塞いだ
夢が 醒めるように

本当は 少し前から
あなたの 心変わりに
気づかないふり してたの
悪いのは僕なんだよ と
自分を責める
優しさが ずるい
ごめんね は 言わないで
言わない約束した
絡めた指 伝わる温度
冷たすぎて
離さない 離さない と 何度でも
重ねた胸 響く鼓動に 頬よせて
瞳を 閉じた
いつかは 全てが 思い出に なるの?
あなたの匂いも 声も
仕草も 全てを
愛してる
さよなら は 言わないで
言わない約束した
閉じた瞼(まぶた)に落ちる影が
悲しすぎて
信じてる 信じてる と 何度でも
言い聞かせた わたしの心
雨音に 終わりを告げる
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Fine Lyrics

Iku – Fine Lyrics