空が青空であるために
闇を抜けてまた陽は昇る
雨上がりグラウンドの熱を
感じて抑えきれずに
疾走り出す蒼き魂達
足音に気付く事もなく
振り返る余裕さえもなく
ただ前を見て雲を追い駆けた

So 暑さで視界が歪む
マウンドに落ちた汗が
キラリ消えてゆく

空が青空であるために
夜を越えまた陽を照らす
夏の夢に生きてく人よ
蒼き魂に火を点けろ

アイツだけには負けたくはないと
歯を食いしばり泥だらけになった
泣いた日々や眠れなかった日々
想いだけじゃ叶いはしない夢
掴み続けたその手を離さないで

誰かが夢を叶える度に
ひとつ夢が奪われてしまう
共に歩む道を
選び躓いたとしても
後悔はしないだろう

儚き瞬間に射し込む涙
ダイヤの光

空が青空である限り
夜を越えまた駆け抜けろ
夏の陽射しに目を逸らさず
戦い抜くんだこの場所で

空が青空であるために
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Sora Ga Aozora De Aru Tame Ni Lyrics

Glay – Sora Ga Aozora De Aru Tame Ni Lyrics

Songwriters: TERUHIKO KOBASHI (PKA TERU)
Sora Ga Aozora De Aru Tame Ni lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

LyricFind
Lyrics term of use