「出逢いはとても不思議な
時の贈り物ね...」
偶然僕もそう感じてた
永遠のすぐそばで
あなたを支えきれずに
泣かせた事もある
小さな愛の大きな未来を
僕は今誓うよ
無邪気過ぎたから
まだ硝子の恋だから
二人きり本当の切なさを
知らずにいたね
怖いものなんて何一つもなかった
「抱きしめたい」と
とても言えなくて
あなたの瞳に涙があふれて
眩しい夏の季節の終わりに
音もなく愛は二人を包んでた
そっと そっと
あなたと出逢った頃は
僕は夢の途中
砂に描いた強がりの地図
脆くて弱くて

1秒後ならば 誰も約束出来ない
だけどあなたとなら100年先も
変わる事ないこの愛を
見守り続け歩みたい
あなたの夢が僕の夢になる
見つめ合うだけで 呼吸が始まる
一人で生まれて あなたと結ばれ
命ある限り何度も言うのだろう
心から I LOVE YOU

「抱きしめたい」と
とても言えなくて
あなたの瞳に涙があふれて
眩しい夏の季節の終わりに
音もなく愛は二人を包んでた
そっと そっと
「出逢いはとても不思議な
時の贈り物ね...」
偶然僕もそう感じてた
あなたのすぐそばで
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Eternally Lyrics

Glay – Eternally Lyrics