運命の意図を 断ち切った
その先に..

背伸びしていたんだ
靴擦れだらけの 狭い 世界で
ランウェイを歩く 笑顔の裏側
隠した つもりで
だけど いつも 君には
見抜かれてしまっていて
こんなのは はじめてで戸惑うけど
他の誰にも 着こなせない
なんだか わかんない
熱さが 胸を焦がすから
運命の糸 手繰り寄せた その先に
今 新しい夜明けが来る

かじかんだ指で ずっと 探してた
煌めく 世界の
答は いつだって ティーカップの中
映っていたんだ
火傷しそうな 温度
甘すぎるし 苦すぎる
自分達だけの美学(フレイバー)
飲みほして
あの日 君が 教えてくれた
なんだか わかんない
熱さが 頬を伝うから
それぞれの想い 絡み合った
その先に
今 新しい夜明けが来る

この 愛おしい 世界を
守りたいだけの
たった それだけの 無茶な きもち
だけど 一縷の望みは 君が 今
隣にいること
他の誰にも 着こなせない
なんだか わかんない
熱さが 胸を焦がすから
運命の糸 手繰り寄せた その先に
ほら どこまでも続く未来
今日も 君が 教えてくれた
なんだか わかんない
熱さが 頬を伝うから
それぞれの願い 絡み合った
その先に
今 新しい夜明けが来る

想いは きっと ひとつ
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Ambiguous Lyrics

Garnidelia – Ambiguous Lyrics