Fayray - Powder Veil lyrics | LyricsFreak
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Powder Veil Lyrics

Fayray – Powder Veil Lyrics

絶え間なくあかりを灯してて
遥かな想いに向かってく
待ち合わせ グループの
テンションの高さが駄目
建てかけたビルの脇
曲がって溜め息を逃がした
冷えた足を隠してる
座る場所を探してる
舞い落ちる白い闇を縫って
沈み合えばもう少し
絶え間なくあかりを灯してて
遥かな想いに向かってく

美味しくないパスタ屋
あてのない恋と同じ
誰も気づかない間に
潰れちゃえばいいと思った
サイズ変えて試してる
好きでこの色はなくて
傍にいていっしょに暖めて
夢で見たよいない日に
汚せない白いコート着てる
近付けずにいる

海に行きたくなってる
冬がすべて遠ざける
舞い落ちてそそいで振り向いて
ただ何もできなかった
絶え間なくあかりを灯してて
遥かな想いに
傍にいていっしょに暖めて
濡れた髪で 踊らせて
溶けそうに触れて優しくなる
気持ちは今でも続いてる
Share lyrics
×
Songwriters: 秋緒 井上

Powder Veil comments