奏で歌わん 甲冑の下
鼓動は恋の獄
この世に浮かぶ嘘や汚れを
織りなす言葉に埋め
ただ美しい日々だけを
語りつづけ
捧げたいのです
青剣輝る切っ先へ
腕から注がれる力こそ
血潮を巡りながら
生まれくる歌
声をあげて響かせん
この身体 紅に染まろうと
黄金の宮殿に
あなたがいる限り
馨しい吐息の花よ
風に舞ってわが名を呼ぶ
進み戦え 愛する為に
わたしは月下の騎士
永遠の一夜を手にできるなら
幾千の太陽も殺す
祈り歌わん 兜を脱いで
束ねた髪を解く
鬱金色の土濡らす夜露
今日も涙に代わり
この狂おしい胸だけが
真実を
湛えているのです

古城映す湖に
羽撃ける白鳥の緋の喉よ
広がる波紋のように
詩はさざめく
北へ西へ馬は駆け
この肉体眠る場処持たずとも
蹄の音は空に
昇って星を抱く
墜ちるのは天上の奈落か
目蓋を閉じ あなたを想う
夢を流離う 茨の征野
わたしはトルバドゥール
紡がれてゆく記憶の先で
またひとり生まれ変わっても
奏で歌わん 甲冑の下
鼓動は恋の獄
幾世も満ちる悪や裏切り
織りなす言葉に埋め
いま美しいこの時代を
いつまでも伝えてゆけるなら

進み戦え 愛する為に
わたしは薔薇の戦士
散りゆく最期はどうかあなたの
指へとこの血のひとひらを
祈り歌わん 兜を脱いで
束ねた髪を解く
鬱金色の土濡らす夜露
今日も涙に代わり
この狂おしい胸だけが
真実を
讃えているのです
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Troubadour Lyrics

Ali Project – Troubadour Lyrics