忘れないわ
鉄の門をくぐり
おそるおそる
階段のぼった日を
ときめく胸に抱いた
百合の紋章の
許可証の手紙
描かれざる地図
孤独だった
だけどいい子でいた
そんなわたし
神さま見ていらした
初めて自分の居る
場処を見つけたの
静かに頷き
微笑む仲間も
共に あらん
麗しのひととき
着飾って 薔薇の春
白い肌に 染まる紅
陽の光が 少女の頬に
恋した証

わたしたちの
未来を試すため
魔女の森が
お城の裏に繁る
妖かし見せる媚薬
抗えるものは
大事に育てる
清らの一滴
迷う 小径
引き返せないなら
纏いましょう 闇の冬
未知の祈り 沁みる影
凍った月も 聖なる歌で
溶かせるように

着飾って 薔薇の春
白い肌に 染まる紅
この光はけして消えない
纏いましょう 蝶の夜
また目覚める 夢の庭
遠いいつか 手を取り戻る
再び此処へ
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

Royal Academy Of Gothic Lolita Lyrics

Ali Project – Royal Academy Of Gothic Lolita Lyrics