それはいつもの帰り道
ふいに口数減るから
少しだけど不安になる
君のちょっと斜め後ろ
午後の木漏れ日の中で
君だけを見てる
I don't wanna miss your all
瞬きさえ
Every little thing you do
忘れるほど
これがかけがえのない季節だと
信じていたい
君はただ 夢
隣で笑っていたい
それだけで
また世界は七色に変わる
ありふれた恋の詩

過ぎてゆく時間の中で
心は三月のままで
大人気なくて不安になる
教室の窓の向こうに
午後の木漏れ日の中に
まだ君を見てる
Everyday I miss your all
溜息さえ
Ever since I've known you
空回りで
訳もなく空の飛行機雲を
追いかけていた
それはまだ 夢
瞳に焼きつけたい
触れかけた手は
世界を何度でも変えて包みこんだ
March of Time
青すぎる空を見上げて
幼すぎた時間を数えた
もう君のいないこのバス停は
今もあの日のまま

君はただ 夢
隣で笑っていたい
それだけで
また世界は七色に変わる
色褪せない恋の詩
Correct  |  Mail  |  Print  |  Vote

March Of Time Lyrics

Aimer – March Of Time Lyrics

それはいつもの帰り道
ふいに口数減るから
少しだけど不安になる
君のちょっと斜め後ろ
午後の木漏れ日の中で
君だけを見てる
I don't wanna miss your all
瞬きさえ
Every little thing you do
忘れるほど
これがかけがえのない季節だと
信じていたい
君はただ 夢
隣で笑っていたい
それだけで
また世界は七色に変わる
ありふれた恋の詩

過ぎてゆく時間の中で
心は三月のままで
大人気なくて不安になる
教室の窓の向こうに
午後の木漏れ日の中に
まだ君を見てる
Everyday I miss your all
溜息さえ
Ever since I've known you
空回りで
訳もなく空の飛行機雲を
追いかけていた
それはまだ 夢
瞳に焼きつけたい
触れかけた手は
世界を何度でも変えて包みこんだ
March of Time
青すぎる空を見上げて
幼すぎた時間を数えた
もう君のいないこのバス停は
今もあの日のまま

君はただ 夢
隣で笑っていたい
それだけで
また世界は七色に変わる
色褪せない恋の詩